Oculus Rift・HTC vive対応ゲーム『VRchat』のwikiです。ここでは基本説明と自作アバターの追加方法などを載せていきます。

TrailRendererで指先にペンを作る

【VRChat】空中に描けるペンを作成する1/2 (GameObjectの作成)

初期設定では Min Vertex Distance(曲がるまでの最小の長さ)が 0.1 (=10cm) なので 0.01 (1cm) ぐらいにすると、文字などを表現するのに必要な細かさ、滑らかさになるかと思います。
その他のプロパティは下記のリファレンスを参照してください。
リファレンス:Trail Renderer (トレイルレンダラー)

Animation Overrideで一時的にTrailRendererを表示させる

【VRChat】空中に描けるペンを作成する2/2 (Animation Overrideの設定)

※動画内ではゲームオブジェクトのアクティブをキーにしているため、アニメーションが終了してもTimeに設定した時間が経つまでトレイルの線が消えません。
今回はTrailRendererを表示させてますが、VRChatで有効ならばパーティクル等、他のコンポーネントでも可能。
VRChat内で有効なコンポーネントは以下を参照してください。
Whitelisted Avatar Components

アニメーションオーバーライド中のみトレイルを表示させる場合…

トレイルのインスペクターからTimeを0にします。(ゲームオブジェクトはアクティブ)
アニメーションファイル作成時に、トレイルのTimeをキーに追加し、Timeに10等の適当な値を入れます。
すると、アニメーション中→Time 10(描画される) アニメーション終了→Time 0(描画されない) となり、
アニメーション中のみ描けて、終了と同時に消えるようにできます。

Animation Override 対応表

手の動きとアニメーション名の対応表


インスペクターでの表示

どなたでも編集できます