Oculus Rift・HTC vive対応ゲーム『VRchat』のwikiです。ここでは基本説明と自作アバターの追加方法などを載せていきます。

VR専用なの?

VRヘッドセットがなくてもデスクトップモードで起動するので、ノートパソコンで楽しんでいるプレイヤーも居ます。

0.VRのヘッドセットは何がおすすめ?

A.HTC vive
理由はそもそもsteamにVRゲームが豊富な事。VRCにおいてはviveトラッカーを使う事でフルボディトラッキングに対応できる事が理由として挙げられます。
また、2018年末発売予定の高画質VRヘッドセット、HTC Vive Proとの周辺機器の互換もあるため、現時点ではHTC viveがおすすめです。
一応、Kinectを使う事でオキュラスでもフルボディトラッキングに対応できますが、選択肢の幅を広げる意味でviveの方がいいでしょう。
※今後のデバイスや開発状況によって、事情が異なってゆく可能性があります。

1.VRChatのアカウント作成。

VRChat-Register から登録してください。
VRChatはsteamのアカウントでもログイン可能ですが、アバター/ワールドをアップロードする為にVRChatのアカウントが必要です。
なので、後からフレンドを再申請する手間などを考えると、最初に作ってしまった方が後々楽です。

2.VRChatにログインする。

初期設定では、チュートリアルの後「The HUB」というワールドから始めることになります。負荷が高いので、有志が作成した日本向けエントランスワールドから始めましょう。
こちらのURLをクリックすると、VRChatが起動し「VRC_JPEntrance」から始めることができます。↓
VRC_JPEntrance

2018/02/25 update以降

初回ワールド参加時、表示される案内文と画面の説明です。
フレンド以外の音声とアバターがすべてミュートされているので、ユーザーごとに解除するようにガイダンスが表示されます。
一括で解除するにはシステムメニューを開いてそれぞれミュート設定を解除する必要があります。


デスクトップモードの場合、ESCキーで呼び出せるクイックメニューです。
ワールド移動やフレンド、システム設定などがここから選択できます。
VRモードで座ったままプレイする場合は、StandingPlayのアイコンを選択してSittingPlayに切り替えるとアバターの立位が維持されます。


システムメニューです。
赤枠で囲んだ二つのチェック項目を外すと、すべてのプレイヤーの音声とアバターが再生されるようになります。

3.VRChat内のsystemから「PERSONAL SPACE」のチェックを外す。


この設定はプレイヤーが視点に近づいた際、カリング(非表示にする)をする設定です。
デフォルトではVRChat内でのコミュニケーションを行う際に不便ですので、必ずチェックを外しておきましょう。
OFFにしてもカメラより奥に3Dが移動すれば表示から消えるので、VRChatにおいてはOFFにするのがベターになります。

4.フレンドを増やしたければ…


Socialメニューからワールド内にいるプレイヤーを選ぶと、だいたいこんな画面が出てきます。
この画面からは、次のような操作ができまます。
  • そのプレイヤーにフレンド申請を送る
  • そのプレイヤーをミュートし、音声を聞こえない状態にする
  • そのプレイヤーをブロックし、完全に見えない&聞こえない状態にする
  • そのプレイヤーを部屋から追い出す(キックする)ための投票を募る提案

キック投票が提案されると、画面左下にあるマイクのわきに丸に斜線の赤いマークが表示されます。
クイックメニューを開くと画像のような投票画面が出てきますので、賛成、反対、ブロックが実行できます。
もちろん投票自体を無視することもできます。
あなたがどうするかは自由ですが、その時の状況を鑑みて判断してください。

Twitterなどで「VRChatはじめました」+「(可能であれば)プレイヤー名」とツイートしましょう。
VRChatの現状のシステムでは「招待されたプレイヤーのみが入れるワールド」を作成できるので、その際にフレンドリストが充実していないと困ります。
また「フレンドのフレンドまで入れるワールド」でも、フレンドを経由してワールドに入場する必要がある為、フレンドリストを充実させるのは重要です。
VRChat内でメニューを開き[SOCIAL]のタブを選択した状態で右上の[Search...]を押すとプレイヤーの検索&フレンド申請ができます。
運よくVRChat内で巡り合うとよいのですが、招待されたプレイヤーのみしか入れないワールドに人が集中していたりするケースもあるので…
SNSやDiscordを活用すると、日本人のプレイヤーに会える可能性が上がります。

クイックメニューのWorldからJapanと検索してでてきたワールドや、日本モチーフのワールドには比較的好意的な海外プレイヤーや日本人が
集まる傾向があります。英語に抵抗がなければ、話しかけてみるのもいいでしょう。残念ながら不快な振る舞いをするプレイヤーもいますので、
もし遭遇してしまった場合には移動するなりクイックメニューからmuteするなり自衛する手段も覚えておきましょう。
2018/02/24のアップデートでパニックボタンが実装されました。覚えておくと良いかもしれません。

5.ホームワールドを設定する

起動時に特定のワールドに入る方法 を参考にして設定してください。
steamの起動オプションを変更すると最初に入るワールドThe Hubから任意のワールドに変更できます。
ホームワールドは設定しなくてもよいですが、ミラーが目の前にあるワールドに設定するとアバターの調整/デバックが楽になったり、
HubでSOCIAL確認中に外人プレイヤーから突然話しかけられるといった事を回避できます。
現在Hubがとても重いので、ログインに時間がかかるといった事態も改善できるでしょう。

6.discordへの登録

VRChat公式discord
必須ではないですが、VRChat公式のコミュニティや日本VRChatコミュニティでやりとりできたりするので利用すると便利です。

discordはSkypeとslack足して2で割った奴です。
【ゲーム用便利ツール】Discord導入と操作について まとめ 16/8/28更新

7.Unity / Blender / MMD の基本を学習する

VRChatで遊んでみて、アバターやワールドを自作したくなった方はここから先へ進んでみましょう。
ゲーム制作経験者などでUnityの操作が分かる人は特に問題ありませんが、はじめて触る場合ですとそもそもunityの操作が理解しがたいと思います。
アバターを追加する前Unityの基本を学習するに教材をまとめておりますので、まずはそちらも確認すると良いと思われます。
また、MMDからアバターを導入する際に頻発するボーン等の再設定に関しては、
unityの設定で解決する場合もあれば、MMDやBlenderの操作が必要になる場合もあります。
これらのソフトの基本をまずは覚えるとよいです。

6.アバターを追加する。

アバターの作成 こちらのページを参考に追加してください。

8.アバターチェック用のワールドを作成する。

ワールドの作成 こちらのページを参考に追加してください。
意外と簡単に作れてしまうのと、アバターテスト用にリスポーン地点付近にミラーのあるワールドを持っておくと便利です。

このページへのコメント

アカウントを作成したいのですが最後のCreateAccountボタンが押せません どうしてでしょうか?

0
Posted by 名無し(ID:H1Hl/MJ5cw) 2018年12月14日(金) 01:19:22 返信

>視点が回転
>マウスの抜き差しで直った
直らなかったがWindowsボタンで直った

0
Posted by 名無し(ID:/k5cDvrIUQ) 2018年09月01日(土) 07:51:41 返信

>視点が回転
マウスの抜き差しで直った

0
Posted by 名無し(ID:/k5cDvrIUQ) 2018年09月01日(土) 07:49:47 返信

メニューの説明とかもっと初歩的な事の説明がほしいです。report abuseってなんなんでしょうか?

0
Posted by 名無し(ID:hr3wD0SfvA) 2018年07月26日(木) 23:22:46 返信

vive公式品切れですけど、復活することはあるんでしょうか?

5
Posted by 名無し(ID:t5n3UyTveg) 2018年06月14日(木) 11:20:22 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます