Oculus Rift・HTC vive対応ゲーム『VRchat』のwikiです。ここでは基本説明と自作アバターの追加方法などを載せていきます。

引用元→ Controls - The VRChat Documentation Hub

基本操作

操作内容Vive、Vive ProRift、Rift S、QuestIndexデスクトップゲームパッド*1
移動左トラックパッド(押し込み)左サムスティック左サムスティックW、A、S、D左ジョイスティック
視点移動右トラックパッド← →(押し込み)右サムスティック右サムスティックマウス移動右ジョイスティック
ジャンプ右トラックパッド↑(押し込み)サムスティック押し込み右サムスティック押し込みSpaceY
ダッシュ---ShiftL
しゃがむC
うつ伏せZ
クイックメニュー右メニューボタンB、YBEscapeBack、Start
プッシュ・トゥ・トーク---VB
オブジェクトを使うグリップボタントリガートリガー左クリック右トリガー
オブジェクトをつかむトリガーグリップボタングリップ左クリック右トリガー
オブジェクトを離す右クリックX
オブジェクトを投げる*2左クリックでつかんだ後、右クリックしその後離すRトリガーでつかんだ後、XボタンまたはRボタンを押しその後離す
スクリーンショットF12
HUD非表示/表示Control + H
ネームタグ非表示/表示Control + N
パニックモード有効Shift + Esc
デフォルトアバターに戻す*3Control + \
※VRモード起動時でもキーボード、マウス、ゲームパッドでの操作が可能。(ゲームパッドは一部操作がVR用コントローラー側のものが反映されることがある。)

ハンドサイン

Vive、Vive Pro

トリガーでハンドサインの固定ができます。

デスクトップ

ハンドサインショートカット
IdleShift + F1
FistShift + F2
Hand OpenShift + F3
Finger PointShift + F4
VictoryShift + F5
Rock N RollShift + F6
Hand GunShift + F7
Thumbs UpShift + F8
※デスクトップは左Shiftは左手、右Shiftは右手が対応している

ゲームパッド

キー操作割り当て用ツールを用いることで対応可能。
十字キーと2つのジョイスティックを搭載したタイプのゲームパッドであれば、十字キーの左右上下の個別入力と斜め入力を別の入力として割り当てることが可能なJoyToKeyなどのツールで8つそれぞれにハンドサインのショートカット割り当てることができる。
他にボタンの同時押しへの割り当てやボタン数の多いコントローラーを使用することで部分的であっても対応は可能だと考えられる。

どなたでも編集できます