Oculus Rift・HTC vive対応ゲーム『VRchat』のwikiです。ここでは基本説明と自作アバターの追加方法などを載せていきます。

よく遊ぶ人や気になる人にはフレンドリクエストを送ってみましょう。
フレンドになるとログイン状態と入っているワールドとインスタンスがわかり、同じインスタンスへ移動したり自分がいるインスタンスに招待したりできるようになります。
インスタンスの説明についてはこちら

SNSやDiscordを活用すると、日本人のプレイヤーに会える可能性が上がります。
VRChat外でのプレイヤー同士の情報交換は主にTwitterで行われています。
Twitterで「VRChatはじめました」+「(可能であれば)プレイヤー名」とツイートしましょう。

VRChatにおけるフレンドの重要性

VRChatの仕様上、フレンドになっていないと特定の人と会うことは難しくなっています。
具体的には、会いに行く(Join)、招待する(Invite)、招待してもらう(Invite Request)といったことができず、入ることができるインスタンスも自分からインスタンスを建てた場合を除きPublicのみとなります。

またフレンドを増やすことは、アバターとワールドのアップロード権限に関わるトラストランクの上昇条件としての重要度が高いため、1人でも多い方がよいとされています。
日本人のプレイヤーはフレンドプラスやフレンドオンリーインスタンスに入ることが多い傾向があります。
インスタンスの特性上、フレンドの繋がりがない限り入ることができないためフレンドを充実させることが重要です。

フレンドリクエスト

送り方

まずクイックメニューを開きます。
コントローラーから出る(デスクトップの場合は画面中央から)レーザーをフレンドリクエストを送る相手に向けると、レーザーでポイントされた先にカプセル状の枠が表示されます。(スキャニングモード)
クイックメニュー左上にレーザーを当てた相手が表示されていることを確認して、その状態でコントローラーのトリガーを引くと(デスクトップはクリック)対象となったプレイヤーの詳細が表示されます。
表示されたソーシャルクイックメニュー内の「Friend」を押すことでフレンドリクエストを送ることができます。

承認の仕方

クイックメニューを開き、メニュー上部のユーザーアイコンを選択もしくは通知欄(ベルのマーク)を開き「Friend Requests」を選択。
承認するリクエストのチェックマークで承認、バツで拒否します。

メニューのSocialから送る

大勢で集まっているとコントローラーのトリガーでの選択が困難になる場合があるためこちらの方法も併せて利用しましょう。

送り方

Socialタブの「In Room」の中からユーザーを選択し「Friend」を押すことでフレンドリクエストを送ります。

承認の仕方

「Friend Requests」からユーザーを選び、「Accept」で承認、「Decline」で拒否、「Block」でブロックします。

ユーザー検索

Socialタブを開いた状態で右上にある「Search...」を選択した後表示される欄に入力して検索します。
※基本的に英数字と記号以外は入力できないため検索できない場合があります。

フレンドの解除

ソーシャルやソーシャルクイックメニューから「Unfriend」を選択します。

公式Webページから送る

公式Webページ上部の検索などからユーザーページに飛びます。
「Add Friend」を押すことでフレンド申請が送れます。

お気に入りリストへの登録

保存できるリストは3つで各64人まで、登録数は最大で192人までです。
登録するにはSocialからフレンドを選び詳細を開きます。
「Favorite」を押し、登録するリストを選択します。
Socialからリスト名を選択し入力することでリストの名前変更が可能です。

Menu

その他

どなたでも編集できます